ideaclip

”日々の暮らしがちょっとよくなる”そんなことを書いてるブログ。(最近書いてない)

ムダな打ち合わせをやめようーmtgもコストである

f:id:takakuni-j:20150627182332j:plain

 

最近、こんな記事を見つけました。

logmi.jp

その中で特に印象的だった言葉が

1時間の会議も、10人参加すれば10時間分の生産性が失われる

というものです。

 

1〜4年と様々なプロジェクトで活動してきて

〇〇ができないから打ち合わせ。

〇〇の進捗報告のための打ち合わせ。

リーダーが集まる〇〇の打ち合わせ。

先生方が集まる全体の〇〇ミーティング。

 

手帳が色々なジャンルのmtgで埋まります。

 

一時期は「頑張れてる自分!」と感じ嬉しく思うこともありました。

しかし学年が上がるについれて、それじゃいけないなと感じるようになりました。

 

僕はとある班のリーダーになってから

それまで週に何回も行われていた打ち合わせを

毎週月曜9時からの長くても30分間に限定しました。

 

それまでのミーティングの時間のヘタすると10分の1の時間です。

 

だからといって、進捗スピードも10分の1になったか?

 

答えは、NOです。

10数名いるメンバーがその一回の打ち合わせに向けて準備をしてくる。

それぞれが30分で終わる工夫をする。

実質的な時間は短くなってもそれぞれの意識次第でその質は高まり、数倍の効果をもたらしました。

 

ミーティングの時間と成果は比例しません。

 

むしろ、ミーティングをすればするほどメンバーの意識は下がっていく。

 

それはなぜか?

 

コストを払ったのに、対価が得られないからです。

100円はらって、受け取るべきたい焼きが受け取れなかったら不満に思うでしょう。

 

ミーティングに参加費を取ってるわけじゃないから、コストを支払ってない。

と思うかもしれませんが、コストとはイコールでお金を表すものではありません。

 

その場所に行くための時間、移動するための体力、その時間を別の有意義なものに使えるはずだったために獲られなかった機会損失。

 

それも全てコストです。

 

そしてそれが5人いることを想像すれば、思っている以上に1回のミーティングにコストがかかっていることを感じることができるでしょう。

 

「ミーティング面白くねえなあ…ムダだな…」

 

と思う人はその思いをそのままにしないで

思い切ってぶつけてみましょう!!

 

たくさんの人が”ムダな打ち合わせは良くない”と思うと思います。

その思いはきっと間違いじゃないと思います。

 

1時間の会議も、10人参加すれば10時間分の生産性が失われる

この意識さえあれば、何かが変わるかも。

 

ぼくもミーティングをする側、される側として

常に意識していたいなと思いました!

 

ではでは!!